出発まで一ヶ月

今日ものすごく頭いたいの…(; ̄ェ ̄)

疲れちゃうと頭痛くなっちゃう…

だからkimがご飯作ってくれてるんだー

できるまでちょっとだけ、書きましょ

前回のブログのバーナー押してくれてありがとうございます☆

びっくりした笑

辞めようかなって思うとこうやって押してくれて

んもー笑

バーナー押してくれても押してくれなくても一応貼り付けておきますね

気が向いたときにでも
ポチっとしていただけたら、読んでくれる人がいるんだと嬉しい気持ちになります

これね↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

*********
気づけば
あと出発まで一ヶ月だよ。

早いねー

んで今日でテレビがなくなり、
金曜日にも物がなくなり、
土曜日には、冷蔵庫と洗濯機がなくなる。

まだ生活あるのに笑

早いねー

来月の勤務表も出ました。
周りのスタッフにもあたしの退職が必然的に知ることとなりました。

みなさん大人です。

二人っきりになったときにこそっと聞いてくるんです。

そしてあともう少しだからご飯でもと言ってくれるんです。

引っ越し手伝おうか?

飲み会開く?

みなさん優しいです。

ある人は北海道遊びに行こうかな?

実働最終日には今の携帯解約、
次の日には日本さよならするのに

一応返事はせず流してます。

ごめんなさい。

職場の人はすごくいいから戻ってくるなら今の職場に戻ってもいいかなーって思うくらい

一応看護師してるけど、介護半分必要な療養型病院。

死に対して
延命に対して
家族側の思い

いろんなことを考えされます。
特に本人の意思なく、家族のエゴ的に生かされてる最期は特に働いてる側でも心が痛くなります。

100歳までどんなことしても生かしてほしいっていう家族もいるようです。

意識があるうちに尊厳死の署名していた人もこの間、ひっそり苦しまずに亡くなりました。

最近は本人が苦しまずにっていう家族がいるようです。

自分がもし、今いる患者さんのようになったら…

介護が必要になったら…

kimがもし…

難しいですね…